【やりたい事】その夢は本当に叶えたいですか?【言い訳にしていませんか】

自分らしく生きる

本当にやりたい夢ですか

20代後半、30代前半の方で、

「今アラサーだけど、お話を書くことが好きだから、小説家になりたい。」

「ゲーム作ってみたら楽しかったからコンテストを狙いたい」

「イラストレーターになりたいけどアラサーから始めても才能ないしな。」

「やっぱり小さい頃から憧れてた俳優になりたい」

【今】無職やフリーターで、こうゆう夢がある人ってけっこう多いですよね。

 

今日は厳しめの事を書きますが、

そんな皆さんに質問です。

その夢本当に叶えたいんですか?

だったらなんでふわふわ夢を語ってばかりで若い人達よりも努力してないんですか?

今日その夢の為に死ぬほどの努力しましたか?

 

「やりたい事があるんだ。」

って何かカッコよく聞こえるけど、

最高の働きたくない言い訳なんですよね。

だって、夢があるって言うだけで

周りの人はだいたい応援してくれるし

絶好の働かない理由になりますからね!

 

結論からお話しすると、

今の生活や考え方のままでは100パーセントその夢は叶いません。

まず、本当にその夢を叶えたいのか自分に確認して下さい。

ここから確認してほしいポイントです。

趣味をやりたいだけではないですか

あなたは趣味のハードルを上げすぎているだけかもしれません。

思考を簡単にして下さい。

「趣味」 に年齢も初心者も才能も努力も関係ありません。

始めてみて合わなかったら辞めれば良いのです。

趣味にするか、仕事にするか問題も出てくると思いますが、

人それぞれ基準、価値観がありますが下記を1つの判断材料にしてみて下さい。

 

自分が出来ないから悔しい→ 趣味

他人より出来なくて悔しい→仕事

 

あの人に出来てるのに、自分に出来ないのは悔しい。

羨ましい。

という感情は

「自分もその道で成功したい!認められたい!あの人みたいな暮らしがしたい」

心の奥底からのヒントだったりします。

逆に、例えばあの人のイラストは可愛いなぁ!こんな絵が描けてすごいなぁ!

と純粋に思えたら他の成功者を認めている=稼ぐ事に感心がない事になるので

趣味でやっていって良いかなと思います。

まあやりたい事をやってるうちに感情や取り組み方が変わってくる事なんて

しょっちゅうありますので、今そこまで深刻に気にする事ではありません。

仕事にするか、趣味でやりたいかをずっと考えるのは後回しです。

気分が変わったらその時に考えましょう。

 

過去に未練があるだけではないですか

例えばスポーツをやっていて学生の頃怪我で大切な試合に出れず、

社会人になったけどやっぱりスポーツ選手になりたい。

いつまでもその思いを引きずっている場合があります。

私もダンスにトラウマと未練があり4年間ただ、うつむいていました。

ですが、トラウマ克服して、

いざその時にやりたかった会場で大好きだった曲を踊ってみると

何か違うんです。

私が今やりたいのはこの曲じゃない。

今は別にやりたくない。

という事に気付きました。

あんなに悔しくて毎日泣いて、再挑戦するのに4年も掛かったわりには

成し遂げた後はアッサリこんなもんでした。

ホントになぜここまで執着してたのか自分でもビックリしています。

 

「自分の人生のある場所に未練があって、、めちゃくちゃ思い入れあるし、

もう一度挑戦すれば人生がやり直せる!!」

と思いその為に資金集めや勉強してたとしたら今すぐやめてください。

未練の為の勉強よりも、

現在のあなたがいちばんやりたい事を今すぐ始めて下さい。

 

とにかく行動しませんか?

 

夢を叶えたい場合

今すぐに!何か行動して下さい。

「えっでも何からしたらいいか分からないから動けない。」

そんなあなたが行動出来ないのは頭に地図がないからです。

まずはゴールを設定して下さい。

更に全部日付付きにするのがポイントです。

 

例えばイラストレーターとして働きたい場合。

・商業イラストを描きたいのか

・キャラクターデザインがしたいのか

・自分の絵をコミケなどで売っていきたいのか

・収入はいくら欲しいのか

・自分はいくらあれば毎月暮らしていけるのか

・絵の現在の腕前はどの位なのか

・足りないスキルは何なのか

・そのスキルを上げる為に何時間作業が必要なのか

・自分のイラストをアピールするSNSは整ってるか

、、、などチェック項目はいくらでもあるはずです。

ゴールを決めて、現状わからない事もどんどんリストアップして

調べてください。

調べたら動けるはずです。

 

それでもやる気が起きない場合

 

キツイ言い方をしますが、

あなたは夢を言い訳にしてふわふわ暮らしているだけです。

今すぐ言い訳をしている事に気付いてください。

「働きたくない、会社員は嫌だ。」

「結婚したくない、自由な時間が欲しい。」

「自分はまだラストチャンスがあるはずだ、夢があるんだ。」

 

そうやって日常的に刷り込んでいますが、

現状を直視出来ていないだけですよ。

自分のパッとしない生活を受け入れ出来ないから

夢があるフリをしているだけなんです。

それなら、どうしたら良いのか。

答えは

自分が何なら得意なのか、

何ならそこまで嫌いじゃないから続けていけるのかを追求していってください。

 

例えばイラストレーターが夢の言い訳だった場合。

絵を描くのが好き→何で好きなんだろう。

自分のペースで物事を進める事が好きなのかも!

→チーム作業ではなく、個人のペースで出来る仕事をしよう。

例えばそれが農業だったり、プログラミングだったり、

そこを、調べていけば自分に向いてる仕事が出てくるはずです。

 

逆に好きな事や得意な事なんか無いって方は、

何が嫌いですか?

嫌いなものはもちろんあって良いんです。

その嫌いな事を回避して生きていく為にはどうしたら良いかを考えてください。

必死に考えて下さい。 

 

働きたく事の何が嫌なのか

月曜―金曜のフルタイム会社員システムが嫌なのか?

満員電車が嫌なのか?

上司が合わなかったらもう社会に出たくないのか?

日本の狭い考え方が嫌なのか?

 

過去の自分を見つめなおして、

何をしている時間が多かったか、楽しかったか、何で楽しいのか、

何が嫌いで何をしたくないのか。

 

そこを突き止めていくと

おのずと職種、業界が見えてくると思います。

自分と向き合う事は分かりづらいし、

少し時間がかかるかもしれませんが、

「やりたい事がある。」そんなうすっぺらい見栄をいつまでも張って

ふわふわと人生を無駄にするくらいだったら自分と向き合い、

現実を変える努力をして下さい。

今、あなたの言い訳グセを変える努力をしていかないと

40代になってもこのままですよ。

40代のいい歳になっても、

まだやりたい事があるんだ。夢があるんだ。

なんて今と同じ場所から言っているんですか?

まとめ

いつも伝えていますが、

あなたの人生を変える事が出来るのはあなただけです。

脳の使い方と考え方であなたの人生はいくらでもコントロールできます。

 

ツラくてつまんない人生だなんていつまでもすねてないで

どうしたら現状打破できるか成功できるのか考えていきましょう。