【衣装スタイリスト】アラサーからでも目指せる?【現実は厳しいです】

洋服の仕事

「もう25歳をすぎて、アラサーと呼ばれる世代になってしまった。

今からでもゼロからスタイリストを目指せるのかな?」

実際にアラサーからスタイリストを目指した私がそんな疑問にお答えします。

結論は年齢関係なく、目指せます!

アシスタントになるのはシビア

何歳からでも衣装スタイリストの仕事は出来ます。

この点は安心して欲しいところです。

ですが「アシスタントにつく」となると話はシビアになってきます。

一番の理由は師匠になるスタイリストと年齢が近くなるからです。

スタイリストは若い人で20代後半から独立する方もいます。

そうなるとアシスタントは自分と年齢が離れている若い子の方が都合が良い事が多いんです。

アラサーのアシスタントを雇うと、年が自分と変わらない人を怒ったり、急かしたり、指示を出さなきゃいけません。

常識がある方なら「怒るの気まずい。」と思うのが普通です。

周りから見ても「あのアシスタントちゃん、年齢けっこういってそうなのに怒られてるけど大丈夫?」的な目で見られる事になります。

これって20代後半の人が若いアシスタントを怒っているなら普通の出来事ですよね。

モデルさんと話をする時も若いアシスタントがいると、モデルさんと同世代なら会話が広がったりします。

自分よりも若い=体力があるという構図があるので重たい荷物もどんどん任せられます。

そして年齢は仕方ない事でもありますが結婚の有無や、女性なら出産、子育ての予定も気にしなくてはなりません。

給料もきちんと出してあげなきゃとプレッシャーになります。

アシスタントに年齢制限はありませんが独立したスタイリストから見ればアラサーのアシスタントは非常にやりづらいんです。

メリットが特にないんですね。

中には周りを全く気にしない強メンタルのスタイリストもいるのでそんな方に巡り合えれば良いですが、アラサーを超えるとアシスタントになる事が狭き門になります。

アラサーからでも独立してスタイリストになるには?

だけど狭き門だからといって方法がないわけではありません。

経験をサッとつんで独立してしまえば言いわけです。

オススメは衣装スタイリストの派遣会社に登録する事、SNSでファッション系インフルエンサーになる事です。

衣装スタイリストの派遣会社に登録する

派遣会社はやりがい搾取な面もあり全面的にはオススメ出来ないのですがメリットとして未経験から何歳でも登録出来る所が多いです。

そのままアシスタントからステップアップしてその会社の「派遣のアシスタント」から「派遣のプロスタイリスト」になってしまえば良いわけですね。

オススメの派遣会社はこちら。

東京には会社も多いですが中でもこのあたりが大手なので仕事量も多いです。

アパッシュ

ロビン・インターナショナル

フロントパージュ

ニュートラル

 

派遣が向いていない人はどうしてもやりたい仕事がある人です。

例えば、「どうしてもCancamの看板スタイリストになりたい!!」という目標があるなら現在の看板スタイリストのアシスタントになるのが一番早いです。

仕事は選べないのがスタイリストの常識ではありますがスタイリストとして成功したいなら派遣会社は選択肢のひとつになります。

独立さえできればこっちのもんですよ。

その実績をもとに自分で営業をかけに行く事も出来ます。

ファッション系インフルエンサーになる

もうひとつの方法は自力でのし上がる方法です。

ライバルはスタイリストアシスタントよりもはるかに多く再現性も低いです。

ですが、個人的には失うものがあまりないのでオススメです。

詳しくは別記事をどうぞ。

【個人ブランディング】独学で衣装スタイリストになる方法【無料】
衣装スタイリストは独学でも慣れます。スマホひとつで自分を表現して下さい。 まずは自分の世界観を作る事、それから全ては始まります。

 

夢は諦めなくて良い

臭くなってしまいましたが、夢は諦めなくても良いんです。

アラサーだってアラフォーだってアラフィフだってアラカンだって衣装スタイリストや、クリエイティブに年齢は関係ありません。

方法を変えればいくらでも道は開けます。

この記事が何か参考になれば幸いです。

コメント