【衣装スタイリスト】アシスタント始めるなら都心部に住もう【成功の為に環境を整えよう】

洋服の仕事

「衣装スタイリストアシスタントを始めるつもりだけど家が都心から少し遠い。

東京都心で一人暮らしをするべき?」

という疑問にお答えします。

結論は、都心部でシェアハウスが最強です!

通勤時間はなるべくゼロにすべき

衣装スタイリストは思っているよりも特殊な仕事です。

毎日通勤ラッシュに揺られる必要はありませんが定時が存在しないので、早朝でも夜中でも現場に行ける場所に住んでいた方が自分の体の為になります。

なので、都心まで通勤できる距離に住んでいたとしても、都心部に寝泊まりができるスペースを借りるのが理想です。

通勤片道30分でもアシスタントは死活問題

「うちは新宿まで30分だから別に良いかな」と思うかもしれませんが片道30分の距離でもスタイリストの道を続けるかやめるかの深刻な問題になるケースがあります。

例えば撮影のピークの時こんなスケジュールがあったとします。

 

深夜1時:撮影準備完了

朝6時:編集部集合荷物ロケバスに運ぶ

 

それぞれのケースをみてみましょう。

 

通勤30分の場合

深夜1時:撮影準備完了

深夜1時半:タクシーで帰宅

深夜2時:急いで寝る準備

深夜2時半:就寝

(睡眠時間 約2時間)

朝4時半:起床

朝5時:出発

朝5時半:編集部到着。最終確認など

朝6時:編集部集合荷物ロケバスに運ぶ

 

通勤10分の場合

深夜1時:撮影準備完了

深夜1時10分:自転車で帰宅

深夜1時半:急いで寝る準備

深夜2時:就寝

↓(睡眠時間 約3時間)

朝5時:起床

朝5時半:編集部到着。最終確認など

朝6時:編集部集合荷物ロケバスに運ぶ

 

こんな感じで10分と30分でわずかな違いでも夜どれだけ寝れるかが変わってきます。

仕事のパフォーマンスを最大に発揮してアシスタントを続けていく為にも都心部に部屋を借りる事は非常に重要なのです。

その他にもメリットがたくさん

都心部に部屋があると良い事が多いです。

例えば!

現場と現場の間で時間があいた時にわざわざカフェに行く事もなくいったん家に帰れます。

自分の家ならば他の人の目を気にする事なく電話や作業が出来ますね。

その場合昼ごはんも自炊もできるので食事代やコーヒー代も浮きます。

スマホの充電も気にする事なく充電出来ます。

朝ちらかしっぱなしの部屋を片付ける事も出来ます。

これはすごいメリットになるでしょう。

急な変更にも対応できる

現場ではよくありますが急に撮影場所が変わる事があります。

その時に集合場所が変更になって急遽電車の乗り換えを調べるなんて事があります。

都心に家があればまだ家にいる時間に変更の連絡がくれば、すぐに対応できるので慌てる事も少なくなります。

急なリースや用件が発生しやすい仕事なのでこのメリットも充分にあります。

話のネタになる

都心の一人暮らしは何かとネタになります。

新宿、渋谷、目黒は街のファンも多く住んでいるだけで実際の住みここちはどうなのか気になる方も多いです。

都心部に住んでいて芸能人をみたとか、こんな面白い事があったという事も話のストックにしておくのも良いですね。

アシスタント=お金がない=貧乏ストーリーも滑らないのでどんどん人に話して下さい。

食べ物恵んでもらえたり、いらない洋服を貰えたり、何だかんだ貧乏キャラは可愛がって貰えるのでオススメですよ。

 

実際にどんな部屋が良いの?

1Kマンションがオススメ

お金に余裕のある方だったら最低限の一人暮らし設備が整ったマンションが良いですね。

スタイリストは深夜や早朝に動いたり大型キャリーを引く事も多いので防音設備、防犯セキュリティーがしっかりしているところがオススメです。

ミシンを置こうと思っているならその事も不動産の担当者に伝えておいた方が安心です。

ただ、あれもこれもと選ぶと家賃が高額になりがちです。

貯金が充分にあり、2〜3年先はほぼ収入がなくても大丈夫な場合は心配ないですが無理をして契約すると後々自分の首を閉める事になるのでよく検討して下さい。

本気で目指しているなら親御さんに相談して家賃の援助をお願いするのもひとつの方法かもしれません。

部屋まる。

東京都心に家賃月6万円以下で住める物件を集めた専門サイトもあります。

月6万円位ならそこまで貯金が減る負担なく過ごせますよね。

完全に自分一人の時間が出来るのでしっかり仕事に向き合えます。

休みの日は実家に帰るつもりなら月6万円でも充分な物件が見つかると思います。

部屋まる。

シェアハウスが人脈も広がりオススメです

一番のオススメはシェアハウスです。

アシスタントの活動を続ける中で、同じようにアシスタント仲間達でルームシェアをすると人脈が広がります。

そして辛いのは自分だけじゃないとモチベーションも上がります。

情報交換も出来ますし良い事尽くしです。

ただアシスタントを始める前はもちろん知り合いもいないと思うのでシェアハウスを先に借りてみて共同生活を経験しておくのもアリです。

他の入居者との繋がりも出来ますし仲良くなればあなたの活動を応援してくれるかもしれません。

オークハウス

オークハウス は家具家電を揃える必要もなく、初期費用は格段に安くなるのが特徴です。

例えば、代官山の新築シェアハウス

代官山にオフィスを構えているスタイリストはめちゃくちゃ多いです。

事務所まで徒歩通勤も可能になるかもしれません。

ここだと月10万円程で入居可能です。

通勤にかかる人生の負担を考えると最高のコスパですね。

 

さらに、新宿のど真ん中にこんなお宝物件もあります。

この部屋なら新宿に月6万7千円で住めます。

なんとジャグジー風呂や映画鑑賞ルーム、カーシェアリング、買うと20万円するドラム式洗濯機が使えるなどシェアハウスならではの特典もすごい!

1日中歩き回ってヘトヘトになった後のジャグジー風呂、、

絶対に極楽ですね、、、、

人気物件はタイミング次第です。

記事を書いている時は満室でしたが時期によっては入居者募集しているかもしれません。是非問い合わせてみて下さい!

オークハウス

 

シェアドアアパートメント

シェアドアパートメント 家賃月3万円から住めるシェアハウスです。

予算があまりない方はシェアドアアパートメント一択です。

この図は公式HPから引用しましたが、こんなにお金が浮くのは最高に心強い。

なんたって月3万円なので貯金に余裕がなくても借りられるのが嬉しいですね。

私が今ゼロからアシスタントをスタートするならここを選びます。

アシスタント時代貯金は心の支えになります。

家のことで不安であれこれ考えず事がなくなるので仕事に専念出来ますね。

ここに載っている物件は全室鍵付き個室、Wi-fiや家具家電つき、清掃サービスなども特典としてあるので便利です。

面倒な配線工事やネット、電気代の申し込み、ガスの開栓の立ち合いなど引越し初期に起きる面倒な手間も省けます。

募集している物件は全部新宿・渋谷まで20分以内なので無料相談してみましょう。

自分の通う事務所やメインの仕事場所の近くを探してみてはどうでしょうか。

さらに嬉しいポイントは1ヶ月単位でも借りられるところです。

年末年始の撮影スケジュールが激化する時だけ使うなんて事も可能。

という事は現場ごとに最短の通勤場所を確保できるという事です。

スタイリストになる為に利用できるものはとことん利用していきましょう。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスのデメリットは不規則に働いている事を理解してもらう必要がある事ですね。

解決方法は担当者に自分の仕事を説明して同じような環境の仲間が住んでいる家を紹介してもらうのがベストです。

もうひとつのデメリットは個室といえども同じ屋根の下で暮らすわけですから自分だけの時間、プライベートな空間がないとリラックス出来ない人は向いていないです。

その場合は完全な仮住まいとして住む事をオススメします。

スタイリストとして独立するまではここで頑張る!など自分のお尻を叩き、割り切るのも良いですね。

それでも予算がない場合は?

予算もない貯金もない場合は撮影がピークの期間だけ部屋を借りる方法もあります。

値段は少々割高ですが、自分の為にもお金を払って部屋を借りる価値は充分にあります。

airbnb

旅行のイメージが強いairbnbですが、ホストによっては日本人も連泊OKです。

ホテルやマンションを借りるよりも安く済むので事前に確認して利用していきましょう。

 

シェアドアアパートメント

2回目の登場ですがシェアドアパートメント でも1ヶ月単位で借りられます。

月3万円なのでホテルやマンスリーマンションよりも割安になります。

 

マンスリーマンション

調べてみると分かりますが、月単位で借りれるマンションは相場がお高めです。

短期出張のサラリーマンなどがターゲットなので仕方がないですがアシスタントでこれからほぼ無休覚悟で働く身分には少し厳しい話ですね。

新宿区1Kで月8万円〜あります。

ただ昔からある部屋の借り方なので、一人暮らしに反対している親御さんがいる方は説得しやすいかも!?

いい部屋ネット

 

ホテル

ビジネスホテルやカプセルホテルを利用する方法もあります。

注意点は仕事がながびいたりしてチェックイン、アウトの時間に間に合わない可能性があるので柔軟に対応してくれる所を予約しましょう。

借りたのに受付出来なくて泊まれないなんて事になったら大変です。

 

知り合いの家を借りる

実は一番安上がりなのがこの方法ですね。

すでに一人暮らしをしていたり、都心に住んでいる友達に協力してもらいます。

もちろん喧嘩にならないように決め事やいくらかお金をいれるなど約束はしっかりしてください。

他には親戚に住んでいる人がいないか、空いている部屋がないかを聞いてみましょう。

無料で使っていいよなんて言ってくれたらこっちのものですね。

たくさん感謝をした後は独立して一人前のスタイリストになる事が一番の恩返しです。

アシスタント業頑張っていきましょう!

 

まとめ

スタイリストにとって都心に住む事は自己投資に繋がります。

少しでも成功させたいなら部屋を借りる事をオススメします!

たくさん方法を紹介しましたが、最後に選ぶのはあなたです。

夢が実現するように応援しています。

コメント