【決定版】やりたい事が分からない。を解決します【3ステップで完了】

子供の頃から夢だった花屋さんになりました、アイドルになりました!なんて言葉をどこかで聞いたことがあるかもしれません。

かっこたる夢をもっている方がいる一方であれ?自分は別にやりたいことも夢もない。と悩む方がいるのも事実です。

実はやりたいことなんてない人が大半なんですよ。

一緒にどうゆうことか見ていきましょう。

やりたい事が分からない

本当によく聞く悩みですね。

結論からいいますが、それって自分の深いところでは本当はやりたい事が分かっている場合がほとんどなんです。

「そんな事はない。やりたい事がなくて困ってるからこの記事を見てるんじゃん」と思った方もいると思います。

そんなあなたも絶対に心の奥にどっかに好きなこと、あるはずなんです。

やりたいことに気がつかない方が楽?

やりたい事に気付いちゃうと色々面倒が増えるんですね。

ちゃんと習いたい、スクールに通いたいと思って出費が増えたり、今の暮らしのままじゃダメだと言う事に気付いてしまったり。

だから自分では気付かないうちに自分の気持ちに蓋をしているんです。

だって明日からも何も変わらない日常を過ごした方が楽じゃないですか。

同じ時間に起きて、会社行って、上司にムカついたり、たまに嬉しい事があったり。

変わらないことって他人に責任を押し付けられるので楽なんですよ。

でも、実際どうなんでしょうか。

もしも明日交通事故にあって今日と同じ当たり前の日常が送れなくなった時、あなたは何を思うのでしょうか。

いくつになっても遅すぎることはありません。

今日を生きてる限り、今日やりたいことをやるべきだと思うんですよ。

自分が無意識に言い訳してないか気になる方はこちらの記事もどうぞ。

【やりたい事】その夢は本当に叶えたいですか?【言い訳にしていませんか】
本当にやりたい夢ですか 20代後半、30代前半の方で、 「今アラサーだけど、お話を書くことが好きだから、小説家になりたい。」 「ゲーム作ってみたら楽しかったからコンテストを狙いたい」 「イラストレーターになりたいけどアラ...

やりたい事のハードルを上げていませんか。

“やりたい事をやる。好きなことを仕事にする。”

そんな風潮があるせいで、好きなことをしている人は他人と違う努力をして登りつめた人たちである。キラキラして見える。

好きなことをしていない自分はダメ人間。どうしようもない普通の人間と思っていませんか。

そんな事はありません。

好きなことをするのって小さい子がサッカーをやりたいからやる!

飽きたから次はおままごとをやる!その位簡単なことです。

実はやりたい事のハードルをあげてるのは自分が原因かもしれません。

やりたい事をやるのに大人だから子供だからって年齢は関係ありません。

それでは、具体的に次の3ステップで好きな事をやっていきましょう!

あなたも自分の心の奥に無意識に閉じ込めていたやりたい事に気付けるようになりますよ。

ステップ1 考えをフラットにする

大人なので言い訳をたくさんするからややこしくなるんですね。

「趣味があるなら続けなきゃ。」

「せっかく習い事でお金払うんだから完璧にしなきゃ。」

「すぐ飽きたなんて言ったらみっともない。」

「私は不器用だから稼ぐなんて無理。」

子供のころに習い事をしていたけど、つまんないから、もう辞めたいと親に相談したけどすぐ辞めるなんて何言ってんの?もう少し続けなさい!と怒られたり、友達のOOちゃんも出来るんだからあなたも出来るようになるまで我慢しなさい!とやめさせてもらえなかったり。

まぁ、親の立場からすれば多かれ少なかれ月謝が無駄になりますし、近所のお母さん達に習い事をすぐに辞めるのって教育上どうなの?みたいな冷たい目で見られることもありますし、習い事は続けさせた方が無難なんですよね。

それだけの理由ですが、子供の立場からしたら「1回やりたいって言ったら続けなきゃダメなんだ。」とか変に好きなことへのハードルが上がる原因になってることがあります。

あるいは、同じ習い事をしている友達にまだそんな事も出来ないの?と馬鹿にされたりしたかもしれません。

成長スピードは人それぞれ。得意、不得意も人それぞれ。

違うのが当たり前なのに、まだ子供でのんびり屋さんのあなたは傷ついたのかもしれません。

 

ここでは、複雑に絡まっている感情をリセットしていきます。

最初にこちらのチェックリストにお答え下さい。

  • あなたは好きなこと何でやらないんですか?
  • あなたは好きなことをする!と仮に決めたら最初にどんな感情を持ちましたか?
  • あなたは好きなことを途中でやめる事にしました。この時どんな感情を持ちましたか?

答えは思い浮かびましたでしょうか。

では、私から一言失礼します。

その感情、無駄です!

今日からの人生にはもう使いませんので、「そんな考えも持ってたな〜」と思い出にかえましょう!!

口に出して「そんな考えも持ってたな〜」と言ってみて下さい。だんだん負の感情が離れていく感覚があると思います。

それでも、「でも」「だけど」と心にモヤモヤが発生する場合があります。

そんな時は大人が好きなことをするのは子供が遊びたいからサッカーをするのと一緒という事を思い出して下さい。

子供がいちいちサッカーで遊ぶのに立派な選手にならなきゃいけないなぁ、どうやって将来食べていこうかなぁとか考えないですよね。

それでも好きなことをしようと考えている時、ずっと心がモヤモヤする場合、自分と向き合う練習が必要かもしれません。

マインドフル・セルフ・コンパッション ワークブックは本に直接書き込んでいきながら、自分と向いあえるようになる本です。

長いこと自分の感情を否定し続けていると自分の気持ちにウトくなってしまいます。

好きなことを探す意外にも人生を生きやすくなったり肩の荷が降りたりお得な効果がありますよ。

 

ステップ2 好きな事を洗い出す

考えをまっさらにしたところで好きな事、興味がある事を洗い出していきましょう。

小さい時の自分

ポイントは小さい時のあなたです。

好きなものってなんだかんだ昔から変わらない事が多いから。

こちらの質問に答えて頂くとやりたい事のヒントが出てくると思います。

  • あなたが小さい頃好きだった遊びは何ですか?その理由は何ですか?
  • 好きなテレビは何でしたか?その理由は何ですか?
  • 親に褒められて嬉しかったことはなんですか?その理由は何ですか?
  • 好きな教科、嫌いな教科は何でしたか?その理由は何ですか?
  • どんな夏休みを送っていましたか?その理由は何ですか?
  • どんな食べ物が好きでどんな芸能人が好きでしたか?その理由は何ですか?
  • 好きな洋服や漫画はありましたか?その理由は何ですか?

頭に思い浮かんだ順番でOKです。

理由をしつこく聞いてごめんなさい。でも好きな理由って大切なんです。

答えて頂くと、だんだんキーワードが見えてくると思います。

例えば”近所の川で遊ぶのが好きだった”、”川辺の石を集めるのが好きだった”とかあなたの記憶に残っている断片を集める感じです。

懐かしいですね。ノスタルジーにひたりながら是非メモ帳にどんどん書き出していって下さい。

大人の自分

とはいえ、「やっぱり好きなことって分かんないよ」と壁にぶち当たる方もいるかもしれません。

暮らしをのぞいてみる

それでは質問をひとつ。

ここ1ヶ月の仕事が休みの日、あなたは何をして過ごしていましたか?

例えば、

ちょっと遅めに起きて、だらだらネット見てたら昼になっちゃったからご飯を自炊して、なんか暇だから適当に家事をして部屋片付けて、街をぶらぶらして、ちょうど欲しかったものがあったから買って帰って、夜ごはん自炊してゲームして夜更かしして寝る。

こんな一人暮らし会社員あるあるの休日。

この中にも好きなことのヒントが満載なわけです。

例えば適当に自炊するとしても、アジア料理好きだったりカレーのスパイスに詳しかったり本当に小さな事でもキーワードになります。

私は料理にあまり興味がありません。

なので毎日100均の食器でレトルトのボンカレーでも良いんです。

でもそれじゃ嫌だって人は必ずいる訳で、それがその人のこだわりたい所=好きなことに関連してきます。

ブログやSNS、YouTubeチャンネル

もしくはだらだら見ているブログやSNSや、YouTubeチャンネル。

それだって興味がある=好きなことにつながってきます。

ポイントはだらだら見つつ、興味があることを細分化することです。

例えば韓国の可愛いインスタグラマーの投稿を見るのが好きだったら、自分はその人の何にひかれているのか分析してみます。「メイク」「韓国のトレンド」「美容」「いつも笑顔で明るい生き方」「ファッション」「韓国の大学」「部屋のインテリア」などなど。

少し意識するだけでも日常は変わって見えてきます。

「友達と遊ぶのが好き」「ふとんで寝るのが好き」「半身浴は欠かせない」「旅行が好き」

些細な事と感じると思いますが、どれも立派なキーワードです。

ステップ3 お試しアクションをとる

なんとなくやりたい事を集めてきたら次は実際に行動してみましょう。

試験的にやれば誰にも迷惑かけるわけではないのでとにかく動く事が大事ですよ。

例えば絵を描く事が好きだったら、ネットやYouTubeでいくらでもやり方は検索出来るので休みの日にちょっと描いてみて下さい。

そうすると絵を描くのにも種類があって、紙に描くアナログ、パソコンで作業するデジタルがあるんですが、あっ、水彩画や油絵も面白ろそう!という風にどんどん好奇心が広がっていくんですね。

ここでは上手い、下手かは関係ありません。

自分が楽しいか、楽しくないかで判断して下さい。

飽きたらどんどん次にいってOKです。

頭で思い浮かんでも実際に手を動かさないことにはゼロから1になりません。

注意、そして悲報

やりたい事=職業にはならない。

そしてやりたい事というのは、必ずしも職業に繋がるものではありません。

やりたいかもしれないと思っている段階では、この職業で食べていけるかどうかは考えなくてOK。

大人になるとどうしてもメリット・デメリットでものを考えてしまいます。

誰でも失敗したくないし、損したくないんです。

もし、好きな事で食べていきたいなぁ、これ何とか職業にならないかなぁと思い始めましたらこちらの記事もどうぞ。

【好きなことを仕事にする】趣味を仕事にすると辛いの?【永遠の悩み】
当サイトのテーマでもある好きなことをする。 どうやって働くのかは社会に出た人間のテーマです。 この記事を読んでもあなたの答えがすぐに出るかは保証できません。 ですが私がやりたい事を探して約15年以上生き方に...

 

やりたい事がなくてもOK

最後まで読んでもらって、なんなのですがやりたい事ってなきゃないで良いんです。

よく定年退職したお父さんサラリーマンが、趣味で盆栽やったり、家庭菜園に目覚めたり突然イキイキしだす事ってありますよね。

毎日無口で猫背で会社へ向かってあんまりしゃべらなかったのにお父さんってあんなに明るかったっけ?みたい事よくあります。

やりたい事って何歳になっても見つかるし、ある日突然何かにハマるかもしれません。

やりたい事にこだわらなくても、肩の力を抜いてゆるゆる気ままに生きるのも素敵なんですよ。

要は今は特別にやりたい事が分からなくても大丈夫です。見つかったらラッキーくらいの気持ちで、あせらずに生きましょう。

とはいえ、やりたい事があると人生に楽しさがプラスされますし、新しい人との出会いも増えます。

やりたい事をやるのもあなた。やらないのもあなたです。是非3ステップお試し下さいね。