【無料相談OK】ツライ仕事は続ける意味ない【労働相談センター】

自分らしく生きる

入社した時と条件が違う。

残業してるのに給料に反映されない。

そんなダメ会社でのフルタイムの正社員で週5日は地獄。

ぁあ、やめたい。

そんな時は

やめるor 続けるの選択肢の他に

「相談する」方法があります。

東京の方はこちら↓

労働情報相談センター

 

何故か意外と知られていないので、本記事でご紹介します。

東京都産業労働局がやっている施設で働いていてトラブった時の駆け込み寺です。

もちろん、相談するのにお金はかかりません。

労働相談しましょう

賃金や労働時間等の相談に応じています。こんなときはご相談ください。

  • 解雇されそうなとき。解雇されたとき。
  • 賃金、残業手当を支払ってくれないとき。
  • 就業規則、賃金規程をつくりたい。
  • セクシュアル・ハラスメントにあった。
  • 労働組合活動について
  • パートタイム労働者の雇用管理について
  • その他、労働問題全般について

【電話労働相談専用ダイヤル】

東京都ろうどう110番 0570-00-6110

 

私も利用しました

 

実際に私も入社時と就労時での勤務条件が違う。

私の場合は給料が違いました。

支給されないボーナスをあたかも毎年ある風な求人内容でボーナス支給額にもしっかりと記載がありましたが、実際には年収150万の差がありました。

高収入の方はたったそれだけのことで?と思うかもしれませんが、

月収15万でやりくりしている身にとっては

人生が変わる金額なんですよ。

それを追求したらパワハラで誤魔化されて、

そのストレスで二ヶ月で6キロやせた。

という事がありネット検索していくうちに

労働センターへ出会いました。

電話で話しているうちに分かってくれる人が現れて安心したのか泣いてしまい、

途中で何言ってるか自分でも分からなかったのに、担当者の方は私に何があったのか最後まで真剣に聞いてくれました。

私の場合、退職した方が良いのでは。

精神もかなり削られているので一度精神科に行った方が良い。

診断書が出るはずだから、休職の手続きをしましょう。

あなたは今何を言ってもパワハラで聞いてもらえない状況ならあっせんをするので大丈夫です。

と辞めるまでの具体的な流れをアドバイスして下さりました。

私の勝手のイメージですが、

東京都の施設って利用方法が分からない、

何のサービスをしてるか分からないこんなに親身になって頂けるなんて本当にありがたかったです。

自分がスキルがないから

自分がまだ若いから

自分の能力がないから

自分のタスク管理が出来ないから

残業が多いのに残業代が支払われない

休みがない

それってイコールじゃないですからね!!

雇われる側にも人権あります!

奴隷じゃないですよ!

人間は周りの環境次第で、良くも悪くも適応してしまいます。

あなたは一人で抱え込んでいるか、周りの友達や家族や恋人にグチっていると思います。

でも、よく考えてください。

素人にグチっただけじゃ状況は変わりません。

その時は日頃のもやもやしたストレスを発散できてスッキリしますが、

翌日また仕事に行く状況変わらないですよね。

無料で相談出来ますし、変なセールスもしてこないです。

だって自治体が税金で運営している一般市民の為の施設ですから。

まとめ

 

東京だけではなく各都道府県にありますので、ご自分の住んでいる地域を調べてみて下さい。

自分の状況を打破できるのは、自分だけですよ。

ひとりで抱えこまずに、是非相談してみて下さいね。

 

東京の方はこちら↓

労働情報相談センター

【電話労働相談専用ダイヤル】

東京都ろうどう110番 0570-00-6110