人生の目標って決める意味ある?

自分らしく生きる

人生における目標って決めた方が良いのかな。

そう考える方は多いかもしれません。

結論を言います。

人生の目標は決めなくていいです。

 

人生の目標はいらない

自分の人生とは何か。

それを考える前に、です。

あなたは今月の目標や今年の目標に対してきちんと向かいあえていますか?

私も哲学的な事を考えるのは大好きなのですが、

人生っていえども何歳まで生きるか分からない。

明日生きているかも分からない自分の人生って測り用がないですよね。

例えば、「いつも笑顔で人に囲まれている人生にしたい」という目標があったとします。

それって何処がゴールになるんでしょうか。

何歳の時に、何人に囲まれて笑顔になんですか?

それ以外の年齢の時は、人に囲まれていなくて良いんですか?

細かく具体的に考えていけば行くほど気が付くと思います。

人生という何十年あるいは100年以上生きるかもしれないのに、

ゴールを決める事自体が難しいですよね。

 

私たちが生まれてきた理由もないし、宿命もないし、ノルマもないし、カルマもないんです。

宗教やスピリチュアルを信じるか信じないかは別にして。

 

自分の離れた未来に思いを馳せるよりも、

今この時間をいかに有意義なものにしていく事に全力を注ぐべきです。

 

今、目の前にある問題から目を離していませんか?

ここで注意点があります。

あなたはこんな事はないでしょうか。

自分の未来を見つめて「こんな人生にしたいな」と、

考えているとちゃんと将来を考えている事を周りにアピールする事で、

 

立派な人間という風に見られる事を期待していませんか?

 

真面目な性格・長女・長男に多い性格なのですが、

周りから無意識のうちに周りから良く見られようとしてしまうクセがあります。

 

もうひとつは現実逃避になっている場合があります。

今ある問題を解決しようとせずに、

遠い未来は明るいはずだと信じて、

一歩たりとも行動しない事。

自分の人生を見据えているふりをして、

目の前の問題を解決しようとしていないんですよね。

心の底から周りが何とかしてくれると思っている。

もしくは自分は傷付きたくないから周りに責任を求めているケースも。

全部「あなたが動いたら済む事」なんですよ。

 

解決方法 今日やる事リストを作る

目の前の環境を一度、受け入れる事。

まずはここから始めましょう。

最悪、受け入れるのが辛過ぎるなら現在地だけでも特定します。

現在地が分かったら、自分がどうなりたいのかはっきりさせます。

はっきりさせたなら後は、そのゴールに向かいやる事リストを作ります。

やる事リストを作ったらあとは淡々とやる事をやっていけば良いのです。

作業としては単純に聞こえるかもしれませんが、これがいかに難しいかも進めていけば分かると思います。

特に最初は環境が変わること、チャレンジする事に自分自身の一部が抵抗してくるものです。

人間には「今いる場所は安全だから離れたくない!」そう無意識に本能で思っている為です。

最初は少しずつ進んでいるのに代わり映えしない現実に絶望するかもしれませんね。

 

まとめ

しかし、一歩、また一歩、失敗して戻ってまた進んでいく。

昔から言われている事ですが、

これしか人生を変える事は出来ないんです。

相当地味だし、続けないと変わりません。

パッと人生逆転出来たら、悩む人間はいなくなりますよね。

しかし、歩き慣れた頃に「あれ?自分成長したかも」と思える。

達成感を感じて次はどんなゴールを目指そうか考える。

それがある意味で、人生の定義になるのではないでしょうか。

コメント